亀頭増大とはなんぞや

 

包茎クリニックのホームページで亀頭増大や長径術など包茎治療とは直接関係なさそうなオプションが沢山掲載されているのがわかるかと思います。実際にカウンセリングを受けるとてみたら、症状にもよると思いますが、亀頭増大の治療をすすめられる人は多いと思います。私も勧められました。実際、私は包茎手術と一緒に亀頭増大の治療もしてもらいました。なぜ、包茎クリニックは亀頭増大を勧めるのでしょうか。


包茎クリニックのホームページで亀頭増大や長径術など包茎治療とは直接関係なさそうなオプションが沢山掲載されているのがわかるかと思います。

 

実際にカウンセリングを受けるとてみたら、症状にもよると思いますが、亀頭増大の治療をすすめられる人は多いと思います。私も勧められました。

 

実際、私は包茎手術と一緒に亀頭増大の治療もしてもらいました。

 

なぜ、包茎クリニックは亀頭増大を勧めるのでしょうか。

 

私たちのような包茎持ちはの亀頭は長年の間、包皮に抑え込まれていたせいで、ずっと露ケイしている人に比べると、カリの部分が小さくなっているんですね。

 

で、その小さいカリのまんまやと、とにかく見た目が悪いし、エッチの時に満足させられない(女の人はあのカリの引っかかるところで快感を得るそうなんです。)とかいろいろと不便なことがあるのです。

 

で、クリニック側とすれば、せっかく格好良くなりたくて来院されたのなら、一緒に治してみてはいかがですかということで亀頭増大を勧めるということですね。

 

ちなみに切らない手術で有名な本田ヒルズタワークリニックは、亀頭増大カリの部分大きくしここに皮を引っ掛けて元に戻るのを防ぐという施術法を推奨しています。

 

方法もアリだと思うので、切らない手術に興味のある方はぜひ本田ヒルズタワークリニックの無料カウンセリングを受診してみてください。

 

ちなみに私も本田ヒルズタワークリニックで切らない治療法を勧められました。

 

話を戻すと、包茎クリニックが亀頭増大を勧めるのは美容形成の観点からなんですね。

 

死ぬ病気でもない包茎の治療に相談にきているのだからただ包茎を治すだけでなくより満足できる方法を紹介するのはある意味当然で、それを受けるか受けないかを選択するのは私達の方ですから、必要ないと判断すれば断ればいいだけですし、カウンセラーに直接言いづらければ、「よく考えてみます」と言ってその日は帰ればいいだけです。

 

別に何も変なことはありません。

 

亀頭増大の治療も施すと、確かにペニスの形が恰好よくなります。これは間違いありません。

 

ただしな、これが問題やねんけど、亀頭増大って結構コストがかかります。

 

普通の包茎手術ってほとんどがドクターの技術料ってことなんやけど、亀頭増大は薬代がかかるねん。

 

ヒアルロン酸やアクアミドと呼ばれるジェルのようなたんぱく質をカリ首に注入して亀頭増大するのですが、ヒアルロン酸は注入すると一時的にカリが大きくなりますが、しばらくすると体内に吸収されてしまうので、もし持続させたければ再びクリニックで治療してもらう必要があります。一方のアクアミドは吸収されにくいタイプで、私がクリニックで受けた説明では、一度注入してしまえば、半永久的に亀頭増大を持続できるという話でした。

 

このヒアルロン酸とかアクアミドというたんぱく質は豊胸手術やしわを消すために美容整形外科で使われることが多いそうです。

 

料金についてですが、たとえばヒルズタワークリニックだとヒアルロン酸は1cc当り50,000円、アクアミドは1cc当り200,000円します。

 

これを高いと感じるか安いかと感じるかは包茎治療において何を重視するのかで人それぞれだと思います。

 

ちなみに私の場合は、ABCクリニックでアクアミドを3cc注入してもらいました。

 

料金はアクアミド:12.5万円 x 3cc = 37.5万円でした。

 

私はせっかく包茎治療をしてもらうなら、元々露茎している人のペニスよりも格好よくなってやろうと思っていましたし、何度もクリニックに足を運ぶのは嫌だったのでカリに定着しやすい、アクアミドの注入を選択しました。

 

もちろん、クリニック側のごり押しに負けて選んだわけではなく、自分の意思で選択しました。

 

当然のことですが、亀頭増大なんて必要ないという方は勧められたとしても、断ればいいだけの話なので心配しなくて大丈夫です。

 

無い袖は振れないのですから、言えば予算の範囲で最善の治療法を紹介してもらえるはずです。

 

クリニック側は包茎の具合をチェックしてそれに見合った治療法と治療費を掲示するだけで、それを受けるか受けないかの判断する権利は我々の側にあるのですから、行く前からあれこれ考えすぎない方がいいです。